MC Mystie

2020.02.02 Release!!
「灰色と惑星」

SSSR-001 / 12inch Vinyl / ¥3,000+tax

TOWER RECORD
→LINK

HMV
→LINK

DISK UNION
→LINK

芽瑠璃堂(埼玉県)
→LINK

STEREO RECORDS(広島県)
→LINK

Banguard(和歌山県)
→LINK

HMV online store
https://www.hmv.co.jp/sea…/keyword_灰色と惑星/target_ALL/type_sr/

MDK_FIX_WEB_1000px
SIDE A

MC Mystie with
F.I.B JOURNAL feat.Motoharu(Sax)

1. 灰色と惑星 →MV
2. さまよう水 →MV

ジャケット画: 山崎円城

FIX_Adobe_RGB_1998_1000px
SIDE AA

MC Mystie with
AO YOUNG TRIO + Keyco(Chorus)

1. 5’2″
2. Siren →MV

ジャケット画: SAORI KANDA

MC Mystie's SOLO PROJECT"45RPM"

日本語、英語、スペイン語に加え、祖々母より受け継いだ古神道の祭事にて神に捧げる歌である禮音(のりと)を自在に操り、Rap(言葉遊び)+Poetry(詩)+Mythology(神話学)の「RPM」スタイルを表現するMC Mystieが、長年構想してきたソロ・プロジェクトを始動!

約4年かけて継続発表していくというこのプロジェクトは、両A面で10枚のアナログをリリース。片面2曲につき1組のゲストアーティストと共演、合計20組と全40曲を生み出す。ジャケットは、MC Mystieや参加アーティストに縁深い作家たちが、このためだけに1枚1枚オリジナルの画を制作。

見つめる先は世界、夢はグラミー賞受賞。
そんなMC Mystieが独創的な感性で魅せる音とアートの世界。

大切に育んできた音楽仲間との絆、15年にわたるアメリカ在住時に吸収したジャズ、LBC(カリフォルニア州ロングビーチ)で体感した90年代のリアルなヒップホップカルチャー、試練を生き抜いてきた45年の人生。

そのすべてを注ぎこむ、題して「45RPM」プロジェクトが、2020年2月02に記念すべき第1作「灰色と惑星」で幕を開ける。A面:F.I.B JOURNAL feat.Motoharu (ジャケットアートワーク:山崎円城) / AA面:Ao-Young Trio+Keyco (ジャケットアートワーク:神田さおり)との共作により、より深みのある楽曲に仕上がった。

MC Mystie

13歳でHip-Hopの洗礼を受け、15歳で渡米。
本場で培った黒人音楽をルーツに幅広く活動し本気でグラミー受賞を目指している音楽家。
2005年白血病をきっかけに信州に移住し、2009年完治。同年子供ポップスユニット”ゆくりりっく”として活動再開しアースデイ東京、フジロック出演、松本芸術館主ホールでのワンマンコンサートを実現。
その後、地元に密着した音楽活動を展開。作曲家としてCMソングはもちろん高等学校校歌(松本国際高等学校)も手がけ、神道祭や諏訪大社御柱祭にて開式の奉納演奏も務める。
2016年ボブソン優勝を果たし渡航したジャマイカにてレゲエ界の重鎮アール・チナ・スミス氏とレコーディング。プロデュースにより平和を願う曲”Mighty”をリリース。
歌い手としての経験を活かしたフロウにポエトリー・プリーチ・倭禮音を融合した唯一無二のスタイルを持つトリリンガルの巫女ラッパー。MCバトルの現場にも袴で出没し、リスペクトフルなラップで”Art of Rap”と称する新しいヒップホップの形を発信するMC。
2016年より自己のスタジオ”ViVstudio”にて多数のアーティストをフィーチャーしたソロプロジェクト”45RPM”を進行中。ゲストアーティストと丸一日ガチンコセッションした音からサンプリングソースを拾いトラックを起こすという、オールドファッションでありながら未だかつて無い贅沢な製作スタイルで自身の芸術を構築中。

◼︎リリース作品◼︎
MC Mystie:
MIGHTY with Earl CHINNA Smith feat. KARAMUSHI, Keyco, Motoharu
畳の上で死にたい with DJ soul-t
さまよう水 with F.I.B. JOURNAL feat. Motoharu

Ayer:
Wind Vibes
Sound Of Soul
8 colored rainbow
Never been a waste(single)
ReASON(single)
昊〜sora〜 with Saori Kanda

ゆくりりっく:
ことだまがゆく
まほうのまいにち
秋。おとめ
10周年記念コンプリートアルバム

◼︎参加作品◼︎
クリヤマコト: “TV JAZZ ANTHOLOGY”収録 Playgirl ’69
YAMAZIN: “クッキーマン”収録 ビッチーズ
ラビラビ: “Sign of Love”収録 ko:yatte
Keyco: “DRIVIN’ ALMA”収録 ALMA
COMA-CHI: “JOMON GREEN”収録 Fuhzing Wind
UntyAbes: “うんとやべぇっす”収録 ビタールック
FUZIKO: この曲にHOOKはない・Light Bug
MADAM: BEAT no5
Clap, Stomp, Swingin’: Keep Up With Me(with SAKKON from 韻シスト)
まゆちゃむ。: “common girls”収録 Keep Going
THe TRiQ ARtS ORCHeSTRA: ホントに愛でした
Whopac Nation: Twisted・時空の庭
ROOT71: Just a bootleg

◼︎YouTube◼︎
さまよう水
https://youtu.be/hSrLMJ6jbV8
昊〜sora〜
https://youtu.be/YF-Y3ifv9Q8
Keep Up With Me
https://youtu.be/Z92WZw10v-E
ビッチーズ
https://youtu.be/kIfC-zBwtwY

(c)2019 Mystie

MC Mystie

2020.02.02 Release!!
「灰色と惑星」

SSSR-001 / 12inch Vinyl / ¥3,000+tax

TOWER RECORD
→LINK

HMV
→LINK

DISK UNION
→LINK

芽瑠璃堂(埼玉県)
→LINK

STEREO RECORDS(広島県)
→LINK

Banguard(和歌山県)
→LINK

HMV online store
https://www.hmv.co.jp/sea…/keyword_灰色と惑星/target_ALL/type_sr/

MDK_FIX_WEB_1000px
SIDE A

MC Mystie with
F.I.B JOURNAL feat.Motoharu(Sax)

1. 灰色と惑星
2. さまよう水

ジャケット画: 山崎円城

FIX_Adobe_RGB_1998_1000px
SIDE AA

MC Mystie with
AO YOUNG TRIO + Keyco(Chorus)

1. 5’2″
2. Siren

ジャケット画: SAORI KANDA

MC Mystie's SOLO PROJECT"45RPM"

日本語、英語、スペイン語に加え、祖々母より受け継いだ古神道の祭事にて神に捧げる歌である禮音(のりと)を自在に操り、Rap(言葉遊び)+Poetry(詩)+Mythology(神話学)の「RPM」スタイルを表現するMC Mystieが、長年構想してきたソロ・プロジェクトを始動!

約4年かけて継続発表していくというこのプロジェクトは、両A面で10枚のアナログをリリース。片面2曲につき1組のゲストアーティストと共演、合計20組と全40曲を生み出す。ジャケットは、MC Mystieや参加アーティストに縁深い作家たちが、このためだけに1枚1枚オリジナルの画を制作。

見つめる先は世界、夢はグラミー賞受賞。
そんなMC Mystieが独創的な感性で魅せる音とアートの世界。

大切に育んできた音楽仲間との絆、15年にわたるアメリカ在住時に吸収したジャズ、LBC(カリフォルニア州ロングビーチ)で体感した90年代のリアルなヒップホップカルチャー、試練を生き抜いてきた45年の人生。

そのすべてを注ぎこむ、題して「45RPM」プロジェクトが、2020年2月02に記念すべき第1作「灰色と惑星」で幕を開ける。A面:F.I.B JOURNAL feat.Motoharu (ジャケットアートワーク:山崎円城) / AA面:Ao-Young Trio+Keyco (ジャケットアートワーク:神田さおり)との共作により、より深みのある楽曲に仕上がった。

MC Mystie

13歳でHip-Hopの洗礼を受け、15歳で渡米。
本場で培った黒人音楽をルーツに幅広く活動し本気でグラミー受賞を目指している音楽家。
2005年白血病をきっかけに信州に移住し、2009年完治。同年子供ポップスユニット”ゆくりりっく”として活動再開しアースデイ東京、フジロック出演、松本芸術館主ホールでのワンマンコンサートを実現。
その後、地元に密着した音楽活動を展開。作曲家としてCMソングはもちろん高等学校校歌(松本国際高等学校)も手がけ、神道祭や諏訪大社御柱祭にて開式の奉納演奏も務める。
2016年ボブソン優勝を果たし渡航したジャマイカにてレゲエ界の重鎮アール・チナ・スミス氏とレコーディング。プロデュースにより平和を願う曲”Mighty”をリリース。
歌い手としての経験を活かしたフロウにポエトリー・プリーチ・倭禮音を融合した唯一無二のスタイルを持つトリリンガルの巫女ラッパー。MCバトルの現場にも袴で出没し、リスペクトフルなラップで”Art of Rap”と称する新しいヒップホップの形を発信するMC。
2016年より自己のスタジオ”ViVstudio”にて多数のアーティストをフィーチャーしたソロプロジェクト”45RPM”を進行中。ゲストアーティストと丸一日ガチンコセッションした音からサンプリングソースを拾いトラックを起こすという、オールドファッションでありながら未だかつて無い贅沢な製作スタイルで自身の芸術を構築中。

◼︎リリース作品◼︎
MC Mystie:
MIGHTY with Earl CHINNA Smith feat. KARAMUSHI, Keyco, Motoharu
畳の上で死にたい with DJ soul-t
さまよう水 with F.I.B. JOURNAL feat. Motoharu

Ayer:
Wind Vibes
Sound Of Soul
8 colored rainbow
Never been a waste(single)
ReASON(single)
昊〜sora〜 with Saori Kanda

ゆくりりっく:
ことだまがゆく
まほうのまいにち
秋。おとめ
10周年記念コンプリートアルバム

◼︎参加作品◼︎
クリヤマコト: “TV JAZZ ANTHOLOGY”収録 Playgirl ’69
YAMAZIN: “クッキーマン”収録 ビッチーズ
ラビラビ: “Sign of Love”収録 ko:yatte
Keyco: “DRIVIN’ ALMA”収録 ALMA
COMA-CHI: “JOMON GREEN”収録 Fuhzing Wind
UntyAbes: “うんとやべぇっす”収録 ビタールック
FUZIKO: この曲にHOOKはない・Light Bug
MADAM: BEAT no5
Clap, Stomp, Swingin’: Keep Up With Me(with SAKKON from 韻シスト)
まゆちゃむ。: “common girls”収録 Keep Going
THe TRiQ ARtS ORCHeSTRA: ホントに愛でした
Whopac Nation: Twisted・時空の庭
ROOT71: Just a bootleg

◼︎YouTube◼︎
さまよう水
https://youtu.be/hSrLMJ6jbV8
昊〜sora〜
https://youtu.be/YF-Y3ifv9Q8
Keep Up With Me
https://youtu.be/Z92WZw10v-E
ビッチーズ
https://youtu.be/kIfC-zBwtwY

(c)2019 Mystie